壁を取り払い涼を呼ぶ

中山間地である南牧村(なんもくむら)は、避暑地と呼べるような涼しさはありません。ただ山林が多いので朝夕はさわやかな涼しさを感じることができます。

日中は……残念ながらかなり暑く、大暑である今頃は草木萌動(そうもくめばえいずる)1階のカフェ客室では扇風機が虚しく熱風をかき回している状況でした。

ちょカフェ壁を抜く

というわけで、客室北側の壁を取り払い、簾を垂らしましたところ、建物北側を流れる川に沿って吹くゆるやかな風を建物に呼びこむことに成功! 少しは快適にお過ごしいただけるものと思われます。